身体のお悩み解決

カロリーを効果的に消費する裏技!?

有酸素運動ってどう言うものなのか知っていますか?

 

雑誌やテレビなどでダイエットには有酸素運動が、

効果的だと言われているものを目にしたことがある方も多いと思います。

 

では、どう言ったものが有酸素運動なのか、、、

 

・ジョギング

 

・ウォーキング

 

・エアロバイク

 

・水泳

 

心拍数が1分間に80〜140程度、

30秒以上行うものが有酸素運動になります。

 

例えば、イメージとしてジョギングです。

 

仮に体重70kgの人が1時間8km程度を40分間ジョギングすると、

大体500kcal消費できます。

*速度により変化します

 

 

ですが、、、

ジョギングなどの有酸素運動より、筋トレの方がカロリーを消費出来るって知っていますか?

 

筋トレとは、、、

 

では、どう言ったものが筋トレなのか、、

 

・ベンチプレス(腕立てなど)

 

・懸垂

 

・スクワット

 

・腹筋

 

こう言ったものが筋トレになります。

 

では、なぜ有酸素運動より筋トレがカロリーを消費して痩せるのかというと、、、

 

後効き効果がある筋トレとは!?

 

仮に体重70kgの方が筋トレのウォーミングアップを含めて、

60kgの重りを持ったスクワット2セット(ウォーミングアップ)、

さらに60kgの重りを持ったスクワット10回5セット(約25分)行ったとします。

 

こちらも体重70kgの方で大体300kcal消費できます。

*重さにより消費カロリーは変化します

 

あれ?

筋トレの方が消費カロリーが少ないじゃん!

 

と思う方もいるかもしれませんが…

 

実はここからが筋トレの凄いところ!!

 

筋トレは、トレーニングした、その日から代謝が高くなり

高い状態が、約2日〜3日間維持されます。

 

なので、日ごとに代謝は落ちていきますが、

簡単に計算すると300kcal✖️3日間になるわけです。

 

そうすると、筋トレ一日頑張ってあと2日間、何もしなくても、

約900kcalもいつもより消費できちゃう訳です!

 

カロリーを効果的に消費する方法

 

さらにカロリーを消費する為に裏技というか、、、

 

多くの方が知らないやり方があります。

それは…

 

筋トレ前に筋膜リリースを行うことです。

 

筋トレ前に筋膜リリースを行うことで筋膜が緩み、

より力が発揮しやすくなり、

狙った筋肉をしっかり意識して鍛えることができるようになります。

 

 

そうすることで、先ほどと同じ条件でスクワットを行うよりも、

カロリーが多く消費できるようになっちゃうんです!

 

カロリーが多く消費出来る!

という事は、痩せる確立が高まるという考え方もあります。

 

では、どのようにして筋膜リリースをすればいいの?

 

という事についてまずは、、、

 

 

自分で出来るセルフ筋膜リリ―スの方法として、

下記を参考にしてみてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

日本筋膜リリース運動協会

佐藤成哉

 

 

【追伸】

7月16日(日)に東京で筋膜リリース実践勉強会を行いますので、

関心ある方は詳細を下記からご確認下さい。

*上記以外のセミナー講習の日程も確認出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筋膜リリース

    テニス肘の原因は肘じゃない!?

    久々に実家に帰ったら、、、こんにちは!戸塚友美…

  2. 身体のお悩み解決

    五十肩の原因は肩じゃなかった!?

    五十肩とは?五十肩という疾患名は、医学…

  3. 身体のお悩み解決

    腰回りを効果的に鍛える方法!?

    このページではひとつの動作で、腰回り全体を鍛える方法について知…

  4. 身体のお悩み解決

    自宅で出来るセルライト対策とは!?

    足や二の腕の凸凹が気になる季節じゃないですか?…

  5. 身体のお悩み解決

    【夏本番前に必読】水分補給3 つのポイント

    なぜ水分補給が必要なのか蒸し暑い季節がやってき…

  6. 身体のお悩み解決

    ストレスと上手に向き合うには?

    ストレスがたまると起こる不調は人間が生活してい…

人気の記事

最近の記事

  1. 筋膜リリース

    脊柱管狭窄症の痺れは治らないと諦めていませんか?
  2. 筋膜リリース

    日本筋膜リリース運動協会とは
  3. 筋膜リリース

    便利でラクな時代の弊害とは…
  4. 指導者育成

    筋膜リリースを先に実感して学んだ方の感想
  5. 筋膜リリース

    体幹とパフォーマンスの関係性!?
PAGE TOP