筋膜リリース

【動画】足のむくみを改善するセルフ筋膜リリース

浮腫み(むくみ)を感じていませんか?

 

朝と夜。

ふくらはぎの太さの違いに驚く時ありませんか?

 

「ふくらはぎがパンパン」で「足が浮腫み(ムクミ)」、

「痛み」、「だるさ」を感じた経験のある方も多いと思います。

 

そのような悩みを抱える方に、、、

 

今回のブログでは「ふくらはぎのむくみを改善する方法

についてお伝えしていこうと思います!

 

そもそも、むくみとは何か?

 

人間の体重の約6割は水分で構成されています。

 

身体の中では心臓がポンプの役割になっていて、

水分や栄養分が身体中の各細胞に送られます。

 

それと同時に細胞内で不要になった水分は、

動脈やリンパ管に戻ってきて回収されます。

 

しかし不要になった水分の回収が上手くされない場合は、

身体内に余分な水分が溜まりふくらはぎがむくみます。

 

ふくらはぎのむくみチェック 

 

むくみを感じたことのない人でも、

実は慢性的にむくみ症の場合も多くあります。

 

 

そこでふくらはぎのむくみについて、

当てはまる項目がないか以下をチェックしてみてください。

 

✔ 夕方になると靴が入らない

 

✔ 脚がだるかったり重い感じがする

 

✔ 朝になっても脚がすっきり感じない

 

✔ 汗をあまりかかない

 

✔ お風呂はシャワーで済ませることが多い

 

✔ 立ちっぱなし、座りっぱなしが多い

 

✔ 運動不足

 

✔ 塩分多いもの・味が濃いものが多い

 

✔ 野菜・果物をあまり食べない

 

✔ お酒をよく飲む

 

✔ 水分をあまり摂らない・摂りすぎている

 

当てはまる数が多い方は続きをご確認ください。

 

6つの生活習慣からくる、むくみの原因

 

むくみは大まかに分けると2種類あります。

 

・生活習慣が原因の浮腫み

 

・病気が原因の浮腫み

 

それでは一つずつ説明させて頂きます。

 

生活習慣が原因の浮腫み

 

浮腫みの多くは「生活習慣」に原因があると言われています。

 

脂肪がついたり老廃物が流れにくくなってくると、

血管が圧迫され血流の流れが悪くなり、

冷えに繋がったり更にむくんだりと悪循環が続いてしまいます。

 

では、

悪循環が続いてしまう6つの生活習慣とは…

 

1.塩分の過剰摂取

 

塩分の取りすぎは、足のむくみを悪化させてしまいます。

 

更に体内のナトリウムの濃度が上がってしまい

体がその濃度を一定に保つために水分が欲しくなります。

 

そのため塩分の取り過ぎは、

水分過剰摂取にも繋がってきます。

 

またナトリウムの濃度が通常の数値に戻れば、

むくみも少なくなります。

 

塩分を排出するために「ナトリウム」を抑えるには、

カリウム」を取り入れると効果的です。

 

カリウムは野菜、果物に多く含まれています。

 

2.間違った水分補給

 

「水はカロリーゼロだから太らない」と思っている方もいると思いますが、

必要以上の水分量を摂取すると「水太り」の原因になってしまいます!

 

「1日2リットル」の水分を目安に飲むことをメディアなどで紹介されていますが、

人によって身長も違えば必要とする水分量も変わってきます。

自分に合った量を飲むようにしましょう

 

もちろん少なすぎる方は、

しっかり水分補給をして上げて下さい。

*水分補給に関しては「水分補給3つのポイント」をご確認ください。

 

3.冷え性

 

冷え性や身体が冷えてしまいやすい方は、

体内を巡る血流もうまく流れません。

 

流れが滞ってしまうと重力の関係で、

足に老廃物が溜まってふくらはぎがむくんでしまいます。

 

なるべく冷やさないように、

夏でも湯船に浸かるなど冷やさない事を意識してみてください。

 

4.きつい靴・洋服

 

締め付けのある靴など、

洋服は冷えと同じで血流の流れを悪化させてしまします。

 

慢性的なむくみを改善するためにも、

あまり締め付けない物を選ぶようにしましょう。

 

有名どころで言うと「メディキュット」の様な、

圧縮ソックスなども効果的です。

 

圧力数値などがしっかり計算されているものなので、

しっかり自分のサイズに合うものを選ばないと

余計に浮腫んでしまうので要注意です!

 

ましてや一日中履いたり、

靴下などを重ねて履いたりなども逆効果になります。

 

5.食事での栄養バランス

 

栄養のバランスが崩れると実は浮腫みにも影響が出てしまいます。

 

特に「カリウム」「タンパク質」「ビタミンE」が不足すると、

むくみが悪化しやすいと言われているのでバランスのとれた食生活を心がけてください。

 

「カリウム」→ 筋肉の働きを活発にさせる

「カリウム」が多く含まれる食べ物・・・バナナ、枝豆、アボカド、ほうれん草 etc

 

「タンパク質」→ 不足するとむくみを起こしやすい

「タンパク質」が多く含まれる食べ物・・・いわし、いくら、牛肉、あじ etc

 

 

「ビタミンE」→血流の流れをよくする

「ビタミンE」が多く含まれる食べ物・・・アーモンド、かぼちゃ、ニラ

 

6.運動不足・筋肉の低下

 

ふくらはぎの筋肉は第2の心臓と言われている部分で、

足の血流を心臓に戻すポンプのような役割をしてくれています。

 

また筋肉が低下してくると、

心臓に戻す作用もってしまいむくみやすくなってしまいます。

 

筋肉量は男性の方が多く女性は少ない、

筋肉量が少ない女性は皮下脂肪が付きやすくなるので、

むくみも感じやすくなります。

 

同じ姿勢なども筋肉を使わないため、

むくみがとれにくい状態になってしまうので、

適度な運動を心がけてください。

 

病気が原因の浮腫み

 

ただの浮腫みと思っていたら病気が原因の場合もあります。

 

不自然な浮腫みを感じた場合には、

一度病院で検査などをお勧めします。

 

浮腫みを放置しておくと太る? 

 

浮腫みを放置して足が太ってしまう、、

実はその通りです!

 

水分が原因で水分自体が脂肪に変わってしまうというわけではないですが、

水分老廃物、脂肪、コラーゲン、で成り立つセルライトというものが、

肥大化して浮腫みで足もサイズが増えてしてしまうのです。

 

一度肥大化させてしまうと、

取れにくいのがとても厄介なのです。

 

太らない予防としても

「浮腫みはその日のうちにとる!」が理想的になります。

 

 

ふくらはぎのむくみをセルフ筋膜リリース?

 

足の浮腫みに悩んでいる方は、

ふくらはぎに筋硬結(筋肉の凝り固まった場所)が発生してくることが多いと思います。

 

ですので、、、

ふくらはぎの浮腫みをほぐす為にスネ側の筋肉、

 

前脛骨筋(ぜんけいこつきん)の停止部の筋膜リリースすることで、

末梢からふくらはぎのむくみを改善させていきます。

 

一般的には直接ふくらはぎをリリースすることが多いと思いますが、

今回は足の裏「前脛骨筋の停止部」を使った、

セルフ筋膜リリースの方法を下記からご確認ください。

最後まで確認頂きありがとうございました。

 

日本筋膜リリース運動協会
戸塚友美

 

 

「追伸」

筋膜リリース、筋肉、身体について深く学びたい方は、

下記を確認してみて下さい。

超早期割引は7月31日までです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筋膜リリース

    【動画】自宅で出来るセルフ筋膜リリース

    大腿筋膜張筋のセルフ筋膜リリース今回は腰、膝、股関節などの痛みを軽…

  2. 筋膜リリース

    便利でラクな時代の弊害とは…

    便利な生活にどっぷりつかっていませんか?今まで…

  3. 筋膜リリース

    トリガーポイントとは何なのか⁉︎

    ツボとトリガーポイントは違う⁉︎トリガーポイントという言葉を聞いた…

  4. 筋膜リリース

    便秘とインナーユニットの関係性!?

    いろいろ試したが…便秘が良くならない方へお恥ず…

  5. 筋膜リリース

    【動画】隙間時間で出来るセルフ筋膜リリース

    休憩時間を使って筋膜リリースブログをご覧いただ…

  6. 筋膜リリース

    脊柱管狭窄症の痺れは治らないと諦めていませんか?

    60代男性がオペしか方法はないと宣告されたら……

人気の記事

最近の記事

  1. 指導者育成

    日本筋膜リリース運動協会発足物語
  2. 身体のお悩み解決

    五十肩の原因は肩じゃなかった!?
  3. 筋膜リリース

    【動画】膝の痛みの原因がお尻の場合もある!?
  4. 未分類

    心も体も素直にね!!
  5. 指導者育成

    青森ベーシック1期生も最高でした!!
PAGE TOP