指導者育成

スポーツトレーナーは世の中を健康にしているのか!?

フィットネス=健康ではない かもしれない。

突然ですが日本人のフィットネスの参加率はどれくらいだと思いますか?

ちなみにアメリカは17%です。一方日本は全体の約3%らしくアメリカと比較すると日本はフィットネスの参加率が低い事がわかります。

これはフィットネス=健康として捉えるのであれば、低い数字かもしれませんがアメリカの肥満率は33%ととも言われているので、なんとも言えませんが…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-13-36-02 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-19-13-36-48

フィットネスビジネスより)

理想と現実の違和感からのスポーツトレーナーのストレス

あなたが身体に携わる仕事を選んでいるのであれば、身体の悩みを抱える人の身体の改善をしたい!このような何かしらの思いがあり、身体に携わる仕事をしていると思います。

ですが、実際の現場では当然不満や疑問からの怒りや、理想と現実の矛盾がある事もあると思います。

なぜなら、健康になって頂きたいけれどもビジネス的には「健康過ぎても商売にならない」と考えるジム(会社)やトレーナーがいてもおかしくはありません。

ですが、、、あなたは本当は「身体の痛みもなく快適に過ごせる身体」になって頂きたい。その為に自分がいる。と考えているのですよね。

身体の知識と武器を手に入れて今より感謝される!

しかしながら、生活をする為。会社の為。など様々な理由で、「本当のありたい姿」とは、もしかけ離れた状態であれば、、、シンプルに「身体の痛みもなく快適に過ごせる身体」へ変化させることが出来る自分へなることが良いのではないでしょうか。

その為には「身体を携わるプロ」としてのスキルを当然磨く必要があると思いますが、「筋膜リリース」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、「筋膜」や「筋膜リリース」の正しい手法についてご存知ですか?

医学的にも身体のコンディションと密接な関係にある「筋膜」を理解することで身体の改善できることが証明されてきた時代において、今後スポーツインストラクターや、パーソナルトレーナーとして「筋膜」を理解する事も必須なのではないでしょうか。

そして「筋膜」を活用したアプローチで今よりもさらにクライアントやお客さんの身体の悩みを解決して感謝されるトレーナーや運動指導者は、世の中に対して価値があるのではないでしょうか。

そこで当協会では、筋膜リリース運動の普及と筋膜リリース運動指導者の育成をしていますので、ご興味ある方は下記から筋膜リリース運動について確認してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「追伸」

実際の変化はこちらから確認できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 指導者育成

    筋膜リリーススキルを磨いた方々とは!?

    筋膜リリース実践勉強会終了昨日、当協会の筋膜リリース実践勉…

  2. 指導者育成

    日本筋膜リリース運動協会発足物語

    挫折と栄光を繰り返す挑戦者このページでは当協会が発足するまでの経緯…

  3. 指導者育成

    望む自分の姿へなる3ステップ

    このページでは、なりたい自分へなる3ステップについて知る事ができます。…

  4. 指導者育成

    「運が良かった」だけの真意を紐解くと…

    今回は長文と感じる方もいるかもしれませんし、筋膜のことというよりも、、…

  5. 指導者育成

    筋膜リリースを先に実感して学んだ方の感想

    職業:トレーナー22歳(男性)職業:トレーナー41歳(男性)…

  6. 指導者育成

    スタートが違えば辿り着くゴールも違う

    たった数時間で筋膜リリースを身につけられる!?ほど、、、筋膜リリー…

人気の記事

最近の記事

  1. 指導者育成

    スポーツトレーナーは世の中を健康にしているのか!?
  2. 筋膜リリース

    【動画】腰痛、肩こり改善運動セルフ筋膜リリース
  3. 筋膜リリース

    ラグビー選手が筋膜リリースをやる意味とは?
  4. 筋膜リリース

    「筋膜リリース実践勉強会」参加者の感想
  5. 筋膜リリース

    【動画】筋膜リリースとオオトノキン!?
PAGE TOP