筋膜リリース

間違いだらけの筋膜リリ―ス!?

そんなはずはない!とわたしも思いこんでいました

 

筋膜や筋膜リリースを知らない人は驚くかもしれませんが、、、

関節の痛みや原因のわからない痛みは局部ではない場合も多いです。

 

具体的に言うと、腰痛の原因は腰ではない。という場合も多いです。

 

えっ!?そんなはずはない。

 

と思う方もいるかもしれませんが、

わたしも体験するまではそのように思っていましたが、、、

 

論より証拠として、実際に当協会認定プログラムでもある「筋膜リリース運動」を

ビフォーアフターがわかるこちらの映像をご確認ください。

近年様々な研究により痛みの原因や健康と「筋膜」の関係性が実証されてきた、

効果が非常に高いのでここ数年で注目されてきて、

今後「筋膜」を活用した健康アプローチはさらに注目されてくることが予想されます。

 

健康と筋膜の関係性がなぜ今話題になるのか!?

 

そもそも「筋膜」「筋膜リリース(身体全体を筋膜のねじれ、ゆがみを正常に戻す)」という言葉自体を

知らない人の方が多いのでは?と思います、、、

*筋膜、筋膜リリ―ス運動についてはコチラをご確認ください。

 

ではなぜ身体の痛みを改善したり健康への効果が高い、

「筋膜」へのアプローチが今まで普及してこなかったのか

 

ということについて考える方もいるかもしれませんので、

「筋膜」へのアプローチが効果が近年わかりはじめた2つの理由についてお伝えいたします。

 

① 研究者とテクノロジーの進歩

筋膜について研究を進めてきた研究者の方と、

カメラや画像、ツールなどテクノロジーの進歩により、

健康と筋膜の関係性が解明されてきたといっても過言ではないと思います。

 

② 解剖学との関係性

一方で筋膜が着目されず今までフォーカスされなかった理由でもあるのが、、、

人間が進化する上で必要な解剖学にいおいて、

解剖時に一番はじめに取り除かれるのが「筋膜」であり、

そこに着目していなかった伝統ともいうべき「思い込み」により筋膜と健康の発見が近年になった。

という説もあります。

 

ではなぜ解剖学で筋膜に着目してこなかったのは、

医学会が筋膜に着目してこなかったからです。

 

医学会は無視したが古代中国では気づいていた

 

今から二千年前以上の古代中国で誕生した「鍼灸」は筋膜へアプローチする手法が行われています。

 

しかし経験則に基づいていることから、

医者や会社と同じように効果に対しては鍼灸師のスキルによる個人差があるのが現状だと思います。

 

ですので、

筋膜を活用した身体の改善は新しいアプローチなのか!?

というと実はそうではありません。

 

しかしながら、

現代の筋膜へのアプローチは健康へ効果があるのか?というと「YES」ということになります。

 

それは歴史とテクノロジーと研究を続けた研究者などにより

近年フォーカスされはじめたのが「筋膜リリース」です。

 

間違いだらけで効果のない筋膜リリース

 

筋膜リリースの現状は、

 

「理学療法士などの医療関係者」

 

「エステ関係」

 

「運動指導者」

大きくは3つに分類されると思います。

 

そして「筋膜リリース」という言葉は同じであっても、

鍼灸師などと同じにように個人のスキルにより効果は大きく異なる実情もあります。

 

では「医療」という言葉が真の安心か?

というとわたしはそうだと思いません。

 

なぜならわたしはお医者さん、理学療法士のに対して

「筋膜」「筋膜リリース」について、

日本疼痛リハビリテーション協会のスタッフとしてサポートしていた経験もあります。

 

だからわかるのですが、

お医者さん、理学療法士だから「筋膜」「筋膜リリース」について詳しいか?

という質問に対しては個人差がかなりある。というのが率直な意見です。

 

そして身体の変化を与えるスキルが高い人に共通して言える事は、

「痛みの原因」を探せる。ということです。

 

上記で見せた方は慢性的な肩凝りで何十年も悩んでいて来られた方で、

肩こりの原因は「臀筋」でした。

 

このように問題の原因を探して「ねじれ・ゆがんでいる筋膜」を正常な状態に戻すことで、

身体を抜本的に正常な状態へと近づけます。

 

痛みや問題の原因を探して正常な状態に戻す!

 

ですので、

筋膜リリースで効果を得るのであれば「痛みや問題の原因を探せる人」であり、

正しく筋膜へアプローチする方法を知っている人になると思います。

 

そして当協会の認定講師の強味は「痛みや問題の原因を探せる人」で

「痛みや問題の原因を探せる人」であり、効果的なプログラムを活用することで、

参加頂けるお客様、クライアントの望む変化を与えられます。

 

そこで「身体の痛み、問題を探して解決出来る」筋膜、筋膜リリースなどについて、もう少し詳しいことは、

無料動画講座を開催していますので下記から、

ご確認して運動指導者や身体に携わるプロとして価値を上げて頂くキッカケにして頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

日本筋膜リリース運動協会認定
葛原仁美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筋膜リリース

    【動画】隙間時間で出来るセルフ筋膜リリース

    休憩時間を使って筋膜リリースブログをご覧いただ…

  2. 筋膜リリース

    ラグビー選手が筋膜リリースをやる意味とは?

    3年ぶりに関東大学リーグ1部昇格ご存知ない方も…

  3. 筋膜リリース

    【動画】自分で出来るセルフ筋膜リリース!

    『デスクワークで座っている時間が長いあなたへ』長時間、同じ姿勢を取…

  4. 筋膜リリース

    医者に突き放されて腰の痛みが改善!?

    先生は絶対正しいのか⁉︎以前、わたしのパーソナルプログラムへ参加頂…

  5. 筋膜リリース

    【動画】腰の痛みの原因確認動作とは!?

    痛みの原因は痛い箇所ではない場合もある!?日本筋膜リリース運動協会…

  6. 筋膜リリース

    足を組むことによって体の状態はどうなるの?

    日常生活の中で・・・ パソコンをしているとき…

人気の記事

最近の記事

  1. 筋膜リリース

    【動画】自宅で出来るセルフ筋膜リリース
  2. 筋膜リリース

    痩身エステ VS 筋膜リリース
  3. 指導者育成

    スポーツトレーナーは世の中を健康にしているのか!?
  4. 筋膜リリース

    【動画】肩こり・腰痛を改善するセルフ筋膜リリース
  5. 身体のお悩み解決

    肩こりは肩を揉んでも治らない?
PAGE TOP